TOP >> ほーりー 江戸を斬る!>> 深川編:木場
ほーりー 江戸を斬る!
木場とは、文字通り材木置き場のこと。材木置き場が名所(!?)と意外な感じもしますが、実は木場の商人や職人たちが深川文化の担い手になっていたんです。
木場の歴史をさかのぼると、寛永年間(1624~44)ごろには日本橋や神田の材木問屋が独自に材木置き場を持っていたようですが、明暦の大火を機に移転を命じられています。江戸の市中に材木置き場があると火災を拡大させる恐れがあったためです。その後、紆余曲折を経て、元禄14(1701)年に15名の材木問屋が協力して現在の木場周辺の土地を整備しました。30万平方メートルの土地を買い上げ、土手や掘割を作り、材木商にとっては理想郷ともいえるような町を作り上げたのです。
以後、江戸で使われる材木のほぼすべてを木場の材木問屋の組合が管理したため、巨万の富を得る材木商が現れました。特に幕府の御用達商人として活躍した、紀伊国屋文左衛門、奈良屋茂左衛門はその筆頭です。こうした豪商達が、途方もない金額をつぎ込んで深川の料亭で接待を行ったため、花柳界は瞬く間に隆盛し、辰巳風と呼ばれる独特な文化の形成に大きく貢献しました。また、木場の川並(筏師)が水面に浮かんだ材木を運搬する際の掛け声は"木遣り歌"となり、材木を筏に結ぶ仕事が発展して"角乗"と呼ばれる曲芸も生まれました。
「江戸名所図会」を見ると、大きな材木商の屋敷が立ち並び、画面左下には今まさに川並の男たちが鳶口を使って丸太を筏に組む作業の真っ最中。然し右側にはのんきに釣りをする人たちが。貯め木が川魚のいい漁場を作り出していたようです。 こういった、産業や、その周辺の人々の営みまで含めて、江戸名所として紹介しているのが「江戸名所図会」の面白いところですね。
©2015 NetAdvance Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.