TOP >> ほーりー 江戸を斬る!>> 向島編:梅若&信夫藤太
ほーりー 江戸を斬る!
木母寺と言えば、“梅若伝説”ゆかりのお寺。木母という名称も梅若の“梅”の字を分解(木+母)したものであると言われています。ここで江戸名所図会の本文をもとに“梅若伝説”をおさらいしてみましょう。
梅若丸は北白川の吉田少将惟房卿の子で、5歳で父に死に別れ、7歳で比叡山に入りました。しかし、僧達の争いに巻き込まれてしまったため、北白川の家に戻ろうとしたところ、道に迷い大津に出てしまいます。ここで陸奥の人商人(ようは、人さらいして人身売買する人ですね。悪い奴!)信夫藤太に騙されて東国まで連れてこられ、道中に罹った病気がもとで、隅田川のほとりで亡くなってしまいました。憐れに思った土地の人々が梅若の弔いをしていると、物狂いに身をやつし、行方不明となった息子を探していた梅若の母・妙亀尼がちょうど訪ねてきます。息子が亡くなったことを知り、悲嘆にくれる妙亀尼の前に、その夜梅若の霊が現れ言葉を交わしましたが、朝になると消えてしまいました。その後妙亀尼は、池に身投げして自殺したとも、近くに草庵を営んで梅若を弔い続けたとも言われています。……かわいそ~!!
ちなみにこの挿絵には、“人買い藤太は陸奥南部の産なりとて、いまも南部の人はその怨霊あることを恐れて木母寺にいたらざる~”とあります。全国的にも隅田川といえば木母寺というくらい有名な場所だったんでしょうね。
©2015 NetAdvance Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.