TOP >> ほーりー 江戸を斬る!>> 日本橋編:魚河岸にある魚
ほーりー 江戸を斬る!
魚はこのように、板船と呼ばれる板の上に並べられて売買されました。
鯛やヒラメが並んでいますね。こういった白身のさっぱりした魚が江戸っ子には好まれたんですね。ぼてっとしたお腹を上に向けているのはアンコウでしょうか。アンコウも江戸ではポピュラーな食材。
アンコウは 唇ばかりが 残るなり
と川柳に詠まれた通り、唇以外の部位は無駄なく食せるので重宝がられたようです。しかし、そろばんをはじくお兄さんの背後にぞんざいに積み上げられた巨大な黒い魚はなんでしょう? このぞんざいぶりからすると鮪かもしれませんね。
鮪は別名シビといい、これが死日につながるから縁起が悪いとされ、徳川将軍家の食膳にのぼることは決してありませんでした。また、赤身の部分が血肉を連想させ臭みがあるので好まれず、獲れても下魚として捨てられることが多かったようです。脂が多いので、冷蔵庫がない当時では日保ちが悪く、扱いづらかったというのもあったでしょうね。幕末になってから鮪が大豊漁のとき、なんとか食べることができないかと“づけ”が考案され、やっと寿司ネタなどとして市民権を得るようになってきました。ただ、トロの部分は「てやんでぇ、こんな脂っぽいもん、まどろっこしくって食えるかぃ」といって捨てられていたそうです。もったいないっっ!
©2015 NetAdvance Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.