TOP >> ほーりー 江戸を斬る!>> 日本橋編:三井越後屋
ほーりー 江戸を斬る!
駿河町からはその名の通り、駿河国(静岡県)の富士山が正面に見えたそうです。よく見ると、左右の店の暖簾には同じ紋が染め抜かれていますね。これは天下の豪商・三井越後屋呉服店の暖簾です。
伊勢松坂の商人・三井高利が日本橋に呉服店を開いたのは1673年(延宝元)のこと。彼は様々なアイデアで江戸の消費者の心をつかみました。
例えば「現金掛け値なし」の商法。当時は節季払いと言って年に2~3回、まとめて支払いをする方法が一般的だったので、価格に利息が含まれており、ただでさえ高い呉服がより高額になっていました。これを現金による即日払いにすることによって、利息の分だけ安く呉服を売ることが可能になったのです。また、より多くの人に告知するために「引札」つまり、チラシを作って配布しました。これが日本の宣伝広告の始まりと言われています。
また、他の呉服店が、顧客への訪問販売を基本としているのに対し、「店先売り」つまり店頭販売をするようになりました。これで一見さんでも気軽に立ち寄って呉服を買うことができるようになったわけです。さらに急ぎの客には二刻(およそ4時間)で着物をあつらえたり、反物を切り売りしたり、端切れを安く売ったりと、それぞれの客の都合に合わせたサービスを提供するなど、企業努力を重ねました。結果、この絵に見られるように、武士や町人、女性たち等、身分を問わず、様々な人々に愛される大店に成長したわけですね。
ちなみに、後屋は、三越と名を変えて、現在もこの場所で営業しています。スゴイ!
©2015 NetAdvance Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.