TOP >> ほーりー 江戸を斬る!>> 上野編:池之端
ほーりー 江戸を斬る!
画面の下におもむろに頭をのぞかせている街並みがあります。この界隈は池之端と呼ばれ、料亭や老舗の立ちならぶ場所でした。と、いうといかにもお行儀がいい感じがしますが、実際には池之端と言えば、お江戸屈指の出会い茶屋街。出会い茶屋というのは、男女が密会して逢引きを楽しむところ、つまり……ラブホテル街だったんですね。こそっ。 また、出会い茶屋だけでなく、男娼街としても有名でした。川柳に、
池の端男斗(ばかり)の惣籬(そうまがき)
と詠まれていることからもその隆盛ぶりがうかがえます。江戸最大級の大寺の御膝元ですから、衆道の需要も相当だったというところでしょうか。また、池之端とは三橋を挟んで反対側に位置していた、俗にいう“上野山下”のあたりは、けころと呼ばれる売春婦が巣食う私娼街でした。「安くて速い」をモットーに、文字通り蹴転がるようにお客をこなした彼女たち(たくましい!)は、上野山下名物で最盛期には百数十件の売春宿が存在したそうです。
以上、上野界隈ダークサイドレポートでした!
©2015 NetAdvance Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.